顔を小さくする方法で短期間で出来るおすすめのやり方

顔を小さくする方法も色々ありますが、簡単でさらに短期間で効果の出るおすすめのやり方を知って楽しく進めていきましょう。
MENU

ポイントを抑えてほぐす


顔を小さくみせるためには、まずむくみを解消する必要があります。
不規則な生活をしていたり、水分の摂りすぎ、甘いものの食べ過ぎなど様々な理由によって代謝が悪くなり、それが原因で老廃物が蓄積され、結果的にむくんでしまいます。
たかが水分とは言ってもその分皮膚に厚みが出るわけですから、顔の大きさも変わってしまうでしょう。

こうしたメカニズムに応じて顔を小さくする方法は、リンパの流れに沿ってまず顔を解すという方法です。
おすすめのやり方としては、頬骨の下の部分を指圧によって刺激する方法で、この部分には老廃物が蓄積しやすいので、ここはマッサージや体操をする前に特に解しておいた方が良いでしょう。

顔を小さくする方法はたくさんあっても、生活習慣の改善やトレーニングなど、時間の掛かるものが多いのも事実です。
そんな中、短期間で結果を出したいという人には特におすすめの方法と言えます。

さらに目の周りにむくみを感じる人は目を囲んでいる骨の部分を優しく押して刺激を与えるのも効果的です。
むくみのある部分には水分や老廃物が溜まっていますから、それをまずは押し流す事が大切で、すべてはそこから始まると言っても良いでしょう。
小顔マッサージをする際にすべりが悪い場合は保湿成分を浸透させてからするようにしましょう。高保湿ならプロテオグリカンという成分が保水力が高く肌もモチモチになるのでおすすめですよ。

表情筋を動かすトレーニング


顔を小さくする方法として、さらにおすすめのやり方は、表情筋を激しく動かして運動させるという事です。
笑う事の多い人はいつまでも若々しいと言いますが、これには根拠があって、表情筋が日頃からしっかり動いているので、その分引き締まっていて若々しく見えるというメカニズムです。

こうした事実を応用して、表情筋を鍛えていきましょう。

もちろん日頃から笑顔を絶やさないようにするのも大切ですが、家の中でひとりで笑っているのも精神的に疲れてしまいます。
ですから、口を極限まで大きく開いて言葉を発するというトレーニングを取り入れてみるのが良いのではないでしょうか。

ここでポイントになるのが、ゆっくりとスローモーションのように筋肉を動かすという事です。
速く動いた方がトレーニングとしては効果があるのではないかと思われがちですが、ゆっくりと動かす事によってその分負荷が掛かりますから筋トレにはこちらの方が適しています。

また、口だけではなく、頬骨や目の辺りまで動いてしまう程大げさに口を閉開させるのもポイントです。
このように顔を小さくする方法の中には、楽しみながら出来るやり方もたくさんありますから、日々の生活に取り入れてみるのも良いでしょう。

このページの先頭へ